ラグマットの種類の違い

ラグマットには、アクリルやウール、ナイロンやコットンなどの材質があります。
カットタイプの中で一般的なのがプラッシュです。
シャギーは毛の長さが25ミリ以上で高級なイメージがあり、触り心地が良いです。
レベルループは、毛がカットされずループ状になっており表面が均一になっています。
耐久性に優れ、歩きやすいマットです。
ラグマットを選ぶ時には、どのような機能がついているか確認します。
ウォッシャブルと書いてあれば、洗濯をする事ができます。
ラグマットは素材によっては、ダニが発生しやすいものもあります。
洗濯ができれば、ダニの被害を防ぐ事が可能となります。
ラグは、色々な形のものがあります。
一番ポピュラーなのは長方形です。
他には正方形やサークル型、不規則型などがあります。
ラグの大きさは、床いっぱいにならないようにします。
床いっぱいにしてしまうと窮屈なイメージになってしまいます。
子どもがいる家庭では転倒防止のために、滑り止めがついているラグマットを選ぶようにした方が良いです。
もし気に入ったものがついていない場合には、滑り止め専用のゴム製のネットで代用する事ができます。
ラグマットを置くと、部屋の印象ががらりと変わります。

すてきなインテリア

ページの先頭へ